バイヤグラで自分の下半身に自信が持てる~びんびん治療薬~

サプリメント

亀頭が露出していない

先生

包茎に悩んでいる男性は少なくありません。包茎とは、亀頭が陰茎部を包んでいる皮膚に覆われていることを言います。男性器は亀頭と陰茎部の2つに分けることができます。陰茎部は皮膚に包まれているのが通常なのですが、亀頭まで皮膚が包んでしまうと包茎になります。幼児期は包皮と亀頭が癒着しているので、包皮を向くことはできません。それから成長していくにつれて徐々に包皮と亀頭の癒着はとれていきます。そして思春期になると亀頭は自然に露出するのです。しかし、男性器があまり成長していなかったり、包皮の量が多かったりすると亀頭が露出せずに包茎になってしまうのです。勃起時に亀頭が露出しないことを包茎と思っている人が多いですが、実際は通常時に亀頭が露出していないことを包茎と言うのです。思春期から男性器の成長は止まるので、成人してから包茎の場合は、包茎手術をしないと改善することはできません。

包茎は手術をして治した方が良い場合と、治さなくても良い場合があります。仮性包茎の場合は基本的に治す必要はありません。仮性包茎は勃起時には、痛みもないですし問題なく亀頭を露出させることができるからです。しかし、真性包茎は包皮輪がとても狭いので、勃起時にも亀頭が露出しないのです。包皮を剥くことができないと、分泌液や尿などが包皮と亀頭の間に溜まってしまうので、とても不衛生です。病原菌が繁殖しやすい場所になり、性病にかかる確率が非常に高くなるのです。また、汚れを除去するのが難しいので悪臭がすることもあります。包茎手術をすれば、このような問題点は改善することができます。